メイン | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

恋しきそば処(その一)

今回は恋しき内にある「そば処」のご紹介です。

当店のそばは恋しきの湧水を使って毎日手打ちした、正真正銘の打ちたて・茹でたてをお出ししています。シンプルですが、本来のそばの味や香りを味わっていただけます。当然だしも毎日厨房で手作りした自慢の味です。ちなみに、下の写真で左がそば打ちの台、右側が茹で釜です。

Soba3      Soba4

メニューは、ざるそば 800円  山菜そば 800円  かけそば 680円 等の他、季節に応じていろいろ考えています。8月までは冷やしたぬきやサラダそばをお出ししていましたが、9月からはそろそろ温かいものを、ということで肉そば・きつねそばに変更します。ぜひご賞味ください。

  Soba1         Soba5

         ざるそば                       かけそば

写真に写っているものをはじめとしてお盆や食器はほぼすべて恋しきの旅館時代に使われていたものをそのまま使っています。当時の雰囲気をお楽しみください。

他にもサイドメニューでおにぎりや牛丼もございます。皆さまのご来店をお待ちしております。

Musubi      Gyudon

2008年8月27日 (水)

イベント案内(10月11日)

今回は10月11日開催予定のイベントをご案内します。

Tuki_no_utage_1      Tuki_no_utage_2

第一回月の宴「恋しき月夜」と題して、和の文化に親しんでもらいたいとの思いがこもったイベントが開催されることとなりました。お話をいただいたとき恋しきにぴったりのイベントだと思い、会場の提供という形でご協力させていただくことなりました。

私としてもとても素晴らしいイベントになるのではと期待していますので、皆さま是非ご参加ください。夜の部のチケットは恋しきでもお預かりしていますので、ご連絡いただければご用意します。

月の宴 トップページ

恋しきはこういったイベントの開催場所としてもご利用いただけますので、企画をお持ちの方もぜひご相談ください。

2008年8月25日 (月)

恋しきグッズ(その一)

恋しきには旅館時代に使っていた様々な小物が残っています。いまのホテルで言うとアメニティグッズというところでしょうか。

今日はその中から一つご紹介します。

 Hagaki1    Hagaki2_2

恋しきに来られた方はご覧になっていると思いますが、旅館時代に使用していた記念の絵葉書です。

前田虹映という専門の方に依頼して作成したもののようで、おそらく昭和10年代の作品です。左上には「福塩線随一の料亭恋しき」と書かれており、絵の雰囲気からも庭の素晴らしい料亭旅館として多く利用されたことがうかがえます

描かれている建物はほぼこの通り残っています。この絵葉書の復刻版を作成して販売もしておりますので、実際にご覧いただいて見比べてみても面白いのではないでしょうか。

2008年8月23日 (土)

花だより(その一)

このところ、やっと朝晩涼しくなってきました。少し雨も降って庭園も息を吹き返したようです。

恋しきの日本庭園はたくさんの花が数多く咲くということはありませんが、四季折々に花が咲いたり紅葉したりして目を楽しませてくれます。今は池の睡蓮とサルスベリが花を咲かせています。

Suiren2      Suiren1

池の睡蓮です。数個のつぼみが日によって咲いたり咲かなかったり。朝開いて夕方にはまたしぼんでしまいます。なかなかうまく写真がとれませんが・・・。

池の向こう側に見えているのが、大正期の離れをそのまま利用したカフェすいれんです。庭が一番楽しめる特等席で、雑味がなくすっきりしておいしいと評判の自家焙煎コーヒーや焼きたてのワッフルを楽しんでいただけます。

Saru1      Saru2

こちらは母屋の庭側玄関横にあるサルスベリです。暑い真夏にもこの木は元気に花を咲かせています。

これからも季節毎の花や庭園の様子をできるだけたくさんお知らせしていきます。

2008年8月21日 (木)

恋しき落語会を実施しました

実施済みイベントのご報告です。8月3日(日)の18:30より恋しき落語会として広島県呉市出身の古今亭菊丸師匠をお呼びして大広間で落語会を開催しました。

Rakugo1     Rakugo2

<演目>(前座)柳家ほたる「動物園」  古今亭菊丸師匠「ちりとてちん」「片棒」

当日は44畳の大広間に100名を超えるお客さまにご来場いただき、本物の落語を楽しんでいただきました。お客さまからは「とてもよかった」「楽しかった」とのコメントをいただき、菊丸師匠からも会場の感じや広さ、そしてお客さまの雰囲気が非常によく、楽しんで演じられたとのお言葉をいただきました。

ご来場いただいた皆様に感謝するとともに、この企画の実現にご協力いただいた三原リージョンプラザの笠間さんに御礼申し上げます。

恋しきではこのような本物の文化を伝えるイベントを今後たくさん実施していきますのでよろしくお願いいたします。

2008年8月20日 (水)

「恋しき」は

Koi_pam_back

「恋しき」は明治5年から備後府中(広島県府中市)にて営業していた旅館で、本館はその時代にはめずらしく木造の3階建てとなっています。備後地方随一の名旅館として名を馳せていましたが、時代の流れには勝てず平成2年に惜しまれつつ廃業しました。

その後十数年使われず、建物の解体が決まりつつあったのですが、歴史ある建物と一朝一夕にはできない庭園を残そうと府中の財界有志が出資して株式会社恋しきを作り、土地建物を買い取って建物を改修し平成19年11月に現在の形で再オープンさせました。

府中の歩んできた歴史が刻まれた貴重な文化遺産ですので、国登録有形文化財になっています。ぜひ百数十年の歴史ある建物と風情ある日本庭園を訪れてみてください。

恋しきの日々

Genkan4

皆様こんにちは。

広島県府中市にあります「恋しき」という複合施設です。

明治5年に創業した元旅館の建物・庭園をそのまま利用して、カフェ・懐石料理・そば店・おみやげ店や宴会やイベントにご利用いただけるスペースを設けて皆様のご利用をお待ちしています。

このブログでは、今後300坪の日本庭園に咲く花の便りや各種イベント等のご案内をしていきますので、よろしくお願いします。

恋しきホームページ